ひらやんのブツクサ独り言   ON WEB
 バックナンバー一覧メルマガ登録・解除・変更お問合せ 2003/9/8配信

誰を殺しますか?

 自衛隊を満期除隊して就職した民間会社で、高卒の新入社員から突然こんなことを訊かれました。

「戦争になったら、いちばん初めに誰を殺しますか?」

 彼の中には、戦争とは基本的に国家どうしの武力衝突であるという認識すらなく、戦争になったら、ふだんから気に入らない奴を殺せると思っていたことに驚かされました。

 中学・高校では世界史と日本史を習いますが、明治維新以降の近代史は3学期に軽く流すか、あるいは全く触れないまま終わってしまうのが実情です。

 たんに時間が足りないだけではなくて、日教組の思惑が大きく絡んでいるといいます。つまり、近代史を本気で教えようとすれば、日中戦争から太平洋戦争にいたる一連の戦争は日本が必要に迫られてやらざるを得なかったという事実を避けて通ることができず、アジア諸国を日本が一方的に侵略したことにしておきたい日教組にとって甚だ都合が悪いという事情が隠されているのです。

 学校が週休2日になって授業時間が減らされた今、近代史を学校の授業で学ぶ機会はますます遠のきました。そしてこれからも、戦争の実態を知らない若者が好奇心たっぷりに訊いてくるでしょう。

「戦争になったら誰を殺しますか」と。

そして誰の名を出せば、彼らは納得するのでしょうか?



前の独り言次の独り言
トップメルマガ登録


軍事情報メルマガある通信兵のおはなしひらやんのブツクサ独り言「日本列島波高し」〜元幹部自衛官のコラム軍事関連知識集年代表情報資料メルマガバックナンバー硫黄島戦不肖・宮嶋支援HPおすすめ書籍めろんぶっくす心と体の危機管理